株式会社・合同会社(LLC)・医療法人・NPO法人・公益法人 会社・法人設立手続きなら、大分の和田行政書士事務所。法務顧問・会計記帳・大分無料相談会もやってます

会社・法人設立.com » 法人設立トピックス » 法人成り(法人化)について

法人成り(法人化)について

あなたは個人事業主ですか?ひょっとしたら法人成りしたほうが下記のような多くのメリットがあるかもしれません。

1.代表取締役(代表者)の役員報酬を経費にできる。

個人事業主の報酬は「事業主貸」という資産になりますが、会社の場合は「役員報酬」という経費にできます。(会社の純利益が1600万円を超える場合は一定の要件あり)

2.社会的信用(会社の信用力)が増大する

取引先からみれば、相手が会社組織であるということは大きな安心材料ですし、また、将来的に従業員を採用したいという場合にも、法人組織のほうが優秀な人材を採用しやすくなることが多いです。

許可を必要とする事業で場合によっては法人格を求められることもあります。例:介護事業の許可=法人格が必要

3.金融機関から資金が調達しやすくなる

まず、2のとおり、金融機関に対しても信用が増すことが考えられ、金融機関から融資を受けるときに代表者を連帯保証人にできることがあります。

4.事業承継がやりやすくなる。

個人事業は一代限りですが、法人成りをすれば、法人を解散などさせない限り、半永久的に事業承継をしていくことができます。

5.設立後、2期分は消費税の免除を受けられ税務面で有利

個人事業の場合、1月1日~12月31日が事業年度と決まっていますが、会社組織にする場合、決算期を選択することができますので、消費税の免除も考えて1番都合のいい事業年度を設定できるのです。

6.経費にできる退職金を受け取る又は支給することができる

個人事業の場合は代表者又は代表者と同一生計内の親族へ退職金を支払うことができませんが、会社の場合は、経費となる退職金を代表者が受け取ったり、代表者の家族へ支給することができます。

7.社会保険と厚生年金をかけることができる

社会保険をかけていれば、万が一病気などで休んだ場合(細かい計算規程はありますが)、1日あたり標準報酬(普段の給料)の3分の2の傷病手当を受け取ることができます。

また、一定の条件はありますが、奥さんが扶養になれば、第3号被保険者と言って奥さんは健康保険料と厚生年金保険料を支払わなくてもよくなります。

以上のようなことをトータルで考えて、ご自分にとって個人事業主と会社・法人はどちらのほうがメリットが多いかを比較検討して頂ければと思います。

ページの先頭へ戻る

スポンサードリンク

法人設立専門 和田行政書士事務所

行政書士 和田哲治(わだてつじ)行政書士番号 第04441130号
〒874-0905 大分県別府市上野口町2番37号(別府市役所そば)
TEL 0120-783-844 FAX 020-4623-2315
E-Mail info@kaishahojin.com ※FAX/Email24時間受付可能

会社設立サービスは全国対応です!

北海道 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島 東京(東京都23区、千代田区、中央区、港区、世田谷区、大田区、目黒区、品川区、渋谷区、杉並区、中野区、練馬区、新宿区、江東区、墨田区、葛飾区、江戸川区、台東区、文京区、荒川区、足立区、北区、豊島区、板橋区)立川市、武蔵野市、町田市、八王子市、三鷹市、西東京市、狛江市、国分寺市、国立市、調布市、府中市、武蔵村山市、福生市、多摩市、稲城市) 神奈川 埼玉 千葉 茨城 栃木 群馬 山梨 新潟 長野 富山 石川 福井 愛知 岐阜 静岡 三重 大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山 鳥取 島根 岡山 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄

ページの先頭へ戻る
powered by 行政書士HP作成サービス.com/smartweblab